Garmin vivofit3が欲しい

ライフハックツール

いままで、Fitbit charge HRを使っていました。

しかし、今日、ジムに行ったときに、更衣室の脱衣籠に置き忘れてきてしまったのです。

忘れ物届いてませんか?
と、受付に電話しても、届いていない模様。

そりゃ、20,000円近くもするものが落ちてたら、持って帰りますよね。

そういうわけで、もう一度Fitbit charge HRを買っても良いのですが、また無くすのが怖くて。
ここはもう、腕から取り外す必要のないヤツを買うことにしようかと思ったのです。

そこで目についたのがvivofit3。
2016年の6月に発売されたばかりみたい。
ここはひとつFitbitといろいろ比べてみようかと思います。

Garmin vivofit3

【メリット】
電池持ち一年。
防水。お風呂場でもオーケー。
つまり、腕につけっぱなしにしておける!
なくさない!

【デメリット】
心拍数が測れない。

Fitbit charge HR

【メリット】
軽くてカッコいい
とくに不満はなかった。充電くらい?

【デメリット】
週に二、三回、充電のため外す。
腕から外すと無くす。

そもそも心拍計いるの?

心拍計はそれほど必要ないのかもと、毎日Fitbit charge HRをつけていて思いました。
運動してキツイなと思ったら、心拍数も上がってるし、落ち着いてる時は心拍数も普通だった。
じゃあ心拍計いらないんじゃないかと。
マラソンでもやるなら別だけど。
いまの所マラソンやらないしなあ。

LEDによる脈拍計測と肌の弱さ

そもそも僕、肌弱いし。
長時間(3日くらい)Fitbit charge HRをつけてると、違和感を感じるんですよね。
なんかずっとLEDの緑の光を同じ所に当てられて、ムズムズする感じ。
これは、肌の弱い僕だけかもしれませんが、なんとなく腕から外したくなることはよくありました。

そこでGarmin vivofit3ですよ。
つけっぱなし!
面倒くさがり屋の僕には夢のような響きです。

気になるのは、その精度ですね。
運動したら、運動したと認識してくれるのか。
寝たら自動で、睡眠時間を記録してくれるのか。
ここがクリアできれば良いです。

だいたい何時くらいに運動して、寝た時間がわかればいいのです。僕は。
それならば、Fitbit charge HRは値段も高いし、もういいかなと。
気に入ってたのですが・・・。

なくしたトラウマもあるので、ここはひとつGarmin vivofit3にしようかと思うのです。

vivofit 最高のライフログデバイスか

ライフログを取るのにvivofit 最強説が僕の中で出てきました。
電池持ち一年って、他に選択肢ないですからね。
心拍数いらなければ、かなり良さげです。
vivofit3は2016年の6月に発売されたばかりで、まだレビューがないみたいです。

タイトルとURLをコピーしました